同窓会をして。


 先日、田舎で同窓会をしてきました。
 中学時代の仲間たちと。
 うん。
 実は、当時は仲間と言えるほど僕はみんなと仲良く出来ていませんでした。
 スーパー人見知りでしたし、色んなことが上手くできてなかった。(それは今もですが、、、)
 でも、あれから15年くらい経って、みんな大人になって、色んな経験をして、それぞれの人生があって。。。

 不思議なほど、僕はみんなと話がしたかったんです。
 今年は特に、そう想ってたんです。
 そうして、ろくに話したことが無い人とすら、名前を知っているというだけで、「あの頃」の面影を見つける度、「〇〇くんだよね!?」「〇〇ちゃんだよね!?」とお話することが出来ました。

 最初はやっぱり気にしてたんだ。
 僕はホントに社交的じゃなかったから、今とあの頃は違うのに、あの頃を知っているみんなといるってだけで、あの頃の自分に戻ったような感覚があってさ。
 話しかけていいやら悪いやら、変に気にしちゃってた。

 でも、やっぱりそれは僕がそう想っていただけで。
 みんなはまったくそんなこと想っていなくって。

 みんなびっくりするくらい優しくって、いい顔してた。

 僕はずっと東京にいるから、自分の地元なんだけどアウェイの様な感覚があったりしたんだけど。

 でも、まったくそんなこと無かった。

 僕の居場所があるんだなぁって。

 僕はこの人たちと時を過ごしていたんだなぁって。

 しみじみと感じてしまいました。


 今回の同窓会では、ずっと話をしたかった人と話すことが出来ました。
 伝えたかったことを、伝えることができました。
 ほんとよかった。
 みんな、ありがとう。
 僕には地元がある。
 田舎がある。
 そして、この人たちがいる。

 勝手にそう想えました。
 なんだかすごく、安心しました。

 
 もうちょっと、僕はこっちでがんばらなきゃいけない。
 やりたいことがあるんだ。
 やらなきゃいけないことがあるんだ。

 でも、そっちでやりたいこともできました。
 
 とても嬉しいです。

 今年ももう一週間が過ぎたね。

 今のところ、出来過ぎなくらい、最高な2013年だ。

 このまま続いて行け、今日という未来よ。

 また、会いに行きます。

 ゆっくり話そうね。

 がんばろね。


 
[PR]
by pops-fabric | 2013-01-07 23:50 | 日常のこと