オトノハ朝市、モノマチを終えて


 今月予定していたイベントが、昨日を持って無事終了しました。
 
 モノマチに誘ってくれた、白石さん(4614works
 
 場所を提供してくれた西海さん 
 
 一緒のブースで参加した五十嵐君(kiki
 
 お隣のブースでお話してくださった石井さん(帽子)、鈴木さん(bag)、西うみさん(紙すき)
 
 わざわざ来てくれた工房のメンバーさん

 オトノハ、トガノさんとスタッフの皆さま

 両日共に作品をお買い上げくださった皆さま

 さをり織りに興味を示してくださった皆さま

 お話をしてくださった皆さま

 本当に、ほんとうにありがとうございました。

 
 


 両会場とても気持ちの良い空気が流れていて、ほんとに居心地がよく、楽しい時間を過ごすことができました。
 色んな事を感じ、考え、想いましたが、まとめていえばほんとこの一言。

 「おかげさまです。」

 みなさんのおかげで今の僕はあるんだなぁ。
 僕は僕だけじゃ生きられない。
 今の暮らしはできていない。
 心豊かな暮らし。
 それは、心豊かに暮らし、暮らそうと心掛け、大切なモノ、コトを大切にしている人たちとの関わりあいの中で育まれる。
 そんな、柔らかく、凛とした姿勢の人たちと共に生きられることの喜び。
 こうして書くとなんだか仰々しくって、大げさな感じもしますが、なんとなーく、ふと感じるんです。
 足りない、足りないと求めるよりも、今あることに満足を見つけること。
 与えることの豊かさ。
 僕は今まで色んな人たちから色んなモノ、コトを与えられてきました。
 ちゃんと僕も与えられる人間になりたいと、想います。
 感謝と共に生きられる日々は、何物にも代えがたい。
 
 5月31日(木)
 手織工房じょうたの自由が丘工房がオープンします。
 それに伴い、僕の生活も工房業務がメインとなって行きます。
 変わりゆく暮らしの中で、大切なモノを大切にしながら生きて行きたいと思います。
 
 
 稚拙な文章でありますが、いつも見てくださっているみなさま。
 ありがとうございます。
 これからもがんばります。
 何を頑張っているのか、なるたけ分かりやすくお伝えしたいと想っています。
 ひとりごとのひとりごともあったりしますが、これからも変わらぬご贔屓宜しくお願い致します。

 酒寄剛史(サカヨリツヨシ)
[PR]
by pops-fabric | 2012-05-28 09:40