ハウスのハウス展

d0162966_18322491.jpg
d0162966_18323215.jpg



 行ってきました。
 DMがあまりにも僕の心をとらえて離さなかったため、ふらりふらりと国分寺まで。
 駅から徒歩五分ほどの場所なのに、まるでその利便性を感じさせないほどぽっかりと空気感の違う平屋が会場でした。
 大きな看板もなく、画像の通り、表札にDMがぽつんと張ってあるのみ。
 それにもかかわらず、僕が滞在している30分ほどの間にもたくさんお客さんがいらしてました。
 メインはヌメ革の靴たち。
 色つきの子もちらほら。
 金属のピンや手提げバックなどもありました。
 単価はもちろんそれなりで、靴では大体3万円くらい。
 ピンでも8千円ほど。
 しかししかし、しっかりみなさまお嫁入りが決まった子たちばかりでした。
 すごい。
 僕の滞在中の来客で「栃木から来たんですー。」という方もおりました。
 人気の作家さんなのでしょうね。
 うーん。
 すごい。

 っていやいや、何が僕の心を打ったかと言うと、作品の良さももちろんですが、空間の素晴らしさなんです。
 普段は自宅として使用しており、作業場は別にあるそう。
 なに!?
 こんな空間で暮らしているの?
 ってくらいおしゃれでかっこいいのです。
 それも、まったく気取っていなくて。
 でも、非日常な空間。
 でも、そこで日常を暮らす人がいる。
 うーん。
 すごい。

 外観は古ぼけたただの平屋。
 でも、雰囲気はしっかりあって。
 昔ながらのちょっと大きめな玄関。
 何十年もの日常を経たであろう板張りの床。
 白い壁。
 白いペンキで塗られた昭和のにおいのする扇風機。
 
 作家さんのお子さん(赤ちゃん)をあやすおばあちゃんもいらっしゃいました。
 とても、とても、気持ちの良い、落ち着く空間。
 ステキすぎて軽く嫉妬している自分がいました。
  

 会期は明日までですが、お時間余裕のある方はぜひ足を運んでみてください。
 僕は、行って良かったと思いました。
 僕の今後の暮らし、活動に大きな影響を与えるであろう展示会と言える気がします。
 うん。
 次の展示もまた行きたい。

 



 
d0162966_195610.jpg















d0162966_1951836.jpg

[PR]
by pops-fabric | 2012-04-07 19:07 | 色々紹介