いっこぶん


 ひたすら織る日々の先に何が見えるのか。

 何が見たいのか。



 行く先を迷ったら、まず自分の居場所を確かめる。
 
 そうして、なんでここにいるのかを考える。

 そうだ。

 何かに迷う時はいつも、始まりを忘れた時だ。

 僕は僕自身であるようで、決してそれだけじゃない。

 今までのすべてが今の僕であり、これからの僕になる。

 過去も、現在も、未来も、全部でひとつなんだな。

  
[PR]