手仕事の跡

d0162966_2283166.jpg



 展示会や出店時用の什器を、実家のじいちゃんの作業場からからゲットしてきました。



 僕のじいちゃんは満州から引き揚げて来て、箒を作っては売っていたそうです。
 僕が知っているじいちゃんは、箒こそ作っていなかったけれど、いつも何かしら手を動かしては作っている人でした。
 チラシを細く丸めて繋げて、大きな籠を編んだり、木で踏み台を作ったり、はたまた梅干し、切干、ぬか漬け、白菜なんか人ひとり入れるようなおおきな樽で漬けていました。
 使うものから、食べるものまで色んなものを作っていました。
 畑では野菜も作っていたなぁ。
 
 そんなじいちゃんは、何かしら壊れたら当たり前のように自分で直していたんですね。
 大工道具がどっさり出てきました。
 画像の金づち等はもちろん、カンナやノミなども。
 日常の手仕事の風合いを携えたモノたちを目の当たりにして、僕のテンションは上がりっぱなし。


 その中から、うまく使えそうなものを数点持ってきました。

 じいちゃん、お借りしますね。

 
 少しずつ少しずつ、展示会の内容が固まってきました。
 
 冬のイベントもひとつずつ、近づいて来ています。

 まずは今週末、手織技術検定の試験があります。
 
 そのあとはスタッフ展と工房展。

 やれるだけやるのみだぜ。



 PS,前回の記事に、ハモニカ朝市の画像を少しアップしました。
    今回と合わせてご覧になってくださいね。
   

 いつも、気にかけてくれて本当にありがとう。




 
 
[PR]
by pops-fabric | 2011-11-02 02:46 | 日常のこと