リネン りねん リネン


 
d0162966_10593266.jpg
d0162966_1059418.jpg






 自分のことしか見えずに小さーい世界で生きた思春期を超え



 自分以上に他を重んじ、全体との調和を図る世間に暮らし



 今一度、自分自身と向き合う「さをり織り」と出逢いました。



  

 今日アップした作品は、細ーいヨーロピアンリネンでうすーく織りあげたものです。
 工房で扱う他の麻より価格も高く、もちろん質も良い。
 巻いた感じも柔らかい。
 麻のほど良いシャリ感とのバランス。
 使い込んだ後の風合いが楽しみです。
 
 実はこの作品。
 織っている時は、どーにも変な感じでした。
 始めて織ると言ってもいいくらい織り慣れない細い糸。
 細かい組織。
 高級、上質な糸。
 とらわれる要素盛りだくさん。
 正直、早く終わりにしたくてしょうがない時もありました。
 でも、そんな時は織りから離れてリラックス。
 無理に織らない。
 気持ちが向くのを待つ。
 気持ちが向くように違うことをする。
 そんなこんなで織り上げました。



 活かすのは自分。
 糸じゃない。
 そうすることで織りに命が宿る。
 織りが生きる。
 自分が生きる。


 そう想います。


 

 織り上げて、洗いをかけて、乾かして
 
 自分の頭と身体と心を使って創りあげたものは
 
 例えどんな見てくれであれ愛おしい。
 
 一通り仕上げの作業も終えたら、やっぱり今回もそう想えました。

 自然と、そう想いました。
 
 




 暑い毎日が戻ってきそうです。
 皆さま体調崩さぬようご自愛くださいね。


 かしこ。
[PR]