表現


 ここにこの色が在る必要性

 絶対にこの形だと言える必然性


 
 絵画作品(抽象画なのかな?)には、考えて考えて考えて、考えて考えた末に行きつく図の形であったり色  合いがあると聞きました。
 その画であることの理由があると。
 そんな価値観があると。



 うまく表現できませんが、さをりとは対極にある考えではないかと思いました。
 しかし、産みの苦しみがあってこそ、「作品」に宿る熱があることも知っています。
 しかし、さをりは感性の織り。
 必然性は創りだすものではなく、そこに在るもの。
 気付くもの。
 


 ・・・・・なのかなぁ。



 どちらにも素晴らしさがあると思います。

 表現とは奥深くおもしろく楽しいものですね。
 芸術やらアートを評論する気はまったくありませんが(まだまだまだまだよく分からない)
 もっと知りたいという欲はあります。

 自分なりの考えを持てるくらいにはなりたいですね。


 「さをりとはこれだ!」と言える自信。

 やわらかでおだやかな自信。

 じしん。
[PR]
by pops-fabric | 2011-02-21 05:19 | 日常のこと