満腹中枢破壊したい


 どもども

 家での作業が続くと何かしら口に運んでしまう癖がつきはじめてます。
 いつの間にやら食いしん坊。
 危険ですね。
 なんとか体型維持しています。


 寒い日が続く中でもホットな話題はあるわけで、今日は知人の個展へ行ってきました。
 僕は織りを始める前、彼の作品にあこがれを抱き、織りを始めた今では無意識下に彼の影響があることを感じてやまないような、そんな彼の作品に触れてきました。
 
 本気であれば本気であるほど誤解や摩擦を招きやすく、一筋縄じゃいかない日々と共に生きなければいけない現実は確かにあって、でも、それでも自分の信じる道はここだと言える瞬間は確かにあって、だからこそやめられないし、この道を進まなければいけないという不確かな確信があるからこその一本道。
 幅の広い一本道。
 大切なとこだけひとつ、決まっていれば何が来ても揺るがず受け止められる。
 
 五感で受け止めた情報だけでなく、第六感すらも説得力を持つ「人間」の存在感。
 そこには上も下もない。
 ひと対ひとの関係だからこそ
 自分のイメージで相手を見ることなんてもったいない。
 眼の前の人間は自分のイメージなんかよりはるかに創造的だ。
 
 会いに行って良かった。

 僕も、僕の織りを続けます。
[PR]
by pops-fabric | 2011-02-05 02:18 | 日常のこと