ひびのまにまに


 お風呂ってとっても気持ちいいの


 どんなにぺたぺたした気分でも


 色んなものをさらーっと洗い流して


 すっきりさらさらにしてくれる


 リッセトな気分


 気持ちいいね


 嬉しいね


  





 仏像やらお地蔵さんやらお寺やら神社やらが好きな人とお話をしました。
 こんなときに思い出すのは、手塚治虫の「火の鳥」という漫画。
 日本には古来、仏教が伝来する前にもともとその土地土地に根付いた土地の神様がいて、それはご神木と言われる木であったり、川の神様であったり、自然のものであったわけで、、、、、、。
 なんてことを考えてしまう。
 幼少期に読んだものは今でも色んな形で影響を及ぼしているんですね。
 他にも「ブラックジャック」や「ブッダ」はもちろん、「きりひと賛歌」や「シュマリ」、「アドルフに告ぐ」「七色インコ」「どついたれ」「アドルフに告ぐ」、、、、など色々読みました。
 、、、、というだけの話ですけどね。
 ただそれだけの話ですけどもね。











 日々、色んな色んな実現させたいことが増えていきます。
 それは夢なんておっきな話じゃなくて、ほんとにささいな日常の話。
 小さなことの積み重ね。
 お酒を呑んで、笑いながら話せるようなたわいもない事。
 そんなことがとっても嬉しい。
 人と人とがつながって、仕事とプライベートの垣根を超える瞬間なんてたまらない気持ちよさがある。
 僕は何をしたわけじゃないんですけどね。





 人に感謝しながら過ごせる毎日は



 どんなに幸せなのでしょうか






 僕は一人じゃ生きられないんだなぁ。
 当たり前のことを当たり前に意識できる日々。
 それは息をすることに気付くこととどこか似ています。 
 ありふれた日常に感謝できる日々を。
 大きな声なんて出さなくていい。
 ただただ、穏かに



 ありがとう




 って言えればいいんだよね。
[PR]
by pops-fabric | 2010-09-06 04:05