サンプルプル

d0162966_1553648.jpg



 さをり織りの創始者である城みさをさんの本を読んでいます。
 もう何冊読んだか忘れてしまったけど、色々なみさをさんの言葉に触れる度、いつもうなずかされ、勇気をもらいます。
  
 なるほど、と思うことや、やっぱりそうだよな、と確信させてくれたり、また道を指し示してくれたりします。

 今も昔も、人間を取り巻く環境はどんどん変わっていくけど、人間の根本はいつまでたっても変わらないんだと想う。変わった時こそ、世界は終わりの始まりに向かい始めるんじゃないだろうか。



 僕は僕の織りを

 君は君の織りを

 ただ、そのことだけで美しいなら

 眼を潰しても

 愛せるかな

 見えないものが

 見えるかな

 なんてただの希望

 そして憂鬱

 
[PR]
by pops-fabric | 2010-07-15 02:06