自信

d0162966_1332247.jpg


 
 ぼんやりと、だがしかし、確実に持っていた気持ちが確信へと変わりました。

 それはもう、飛び跳ねたくなるような気持ちで

 ぱーっと目の前が一段と明るくなったような感じがしました。

 それは、とある有名デザイナーの一言がきっかけだったのです。

 
 「偶然ほど美しいものはない」


 やっぱりさをりは世界に通用する。
 
 さをりの価値観は世間とも共鳴するんだ。
 
 もっともっと広がっていける。

 色んな人たちと共有できる。

 そう思えました。

 

 まだまだ勉強は始まったばかり。

 知らないことを知っていけば、色んな事が変わっていくと思う。

 だからこそいいと思う。

 僕の想う織りをするには、しっかりとした準備が必要で、それはまだできていない。

 ちゃんと目を開いた状態でこそ、ちゃんとした自分の織りができる。

 足元を固めてからだ。



 革のボタンと取っ手を付けたバックを作ってみました。

 やっぱり縫製は大変ですね。

 でも、想うものがつくれたよ。




 

 
 
[PR]
by pops-fabric | 2010-06-21 01:45