胸を張る



 みんなほんとは理解しているんだと思う。

 その存在を知っているし、その良さも素晴らしさも知っているし、

 ちゃんと理解しているんだと思う。

 だけど、自分は一人しかいなくって、

 自分以外の人はたーっくさんいて、

 だから、自分を信じるより、自分以外のたくさんの人が言っていることの方が正しいような気がしちゃって

 いつの間にかそっちを信じるようになってしまって、

 実際、そっちに合わせていれば、そこそこ間違いは無くって、

 だからなんとなくでも時間はそれなりに過ぎてくれて、

 それなりのたくさんの人が感じるであろう「幸せ」を自分も感じるようになって、

 それが幸せのような気がするようになってしまって、

 ほんとに大切なものが見えなくなったりするんだろう。


 自分にとって大切なもの

 みんな違う

 みんな別々の一番がある

 だからこそ

 どこのだれだかわからない「みんな」の価値観なんてほっておいて

 自分の価値観を磨いていこう

 イメージなんて蹴散らして

 そこに「熱」はあるのか

 人間の「感情」はあるのか

 僕の心はこもっているのか

 見返りを求めるなんてくそくらえだ

 
 僕の進む道は間違っていない

 そう思えた今夜

 たとえ間違いだと気付く日が来るとしても

 今は大声で叫び、まっすぐに進むのだ。。。


 僕は  僕に胸を張る

 僕は  僕に胸を張る

 
[PR]
by pops-fabric | 2010-05-28 05:18